個別塾のメリットとデメリット

個別塾のメリットは?

個別塾のメリットは、生徒の学習進度に合わせたカリキュラムを組めることです。子供によって違う苦手教科や苦手分野、不完全な理解のままになっている部分を把握し、オーダーメイドの授業を受けることができます。集団塾では個別指導はあっても数分で、指摘を宿題で仕上げてくることがほとんどです。個別塾の場合は、その場で先生と問題を解きなおしたり、リアルタイムの指導を受けることができます。苦手教科を学ぶ子供にとっては、先生と一緒に学ぶこと自体がやる気の継続になります。生徒が自分以外にいないので勉強に集中でき、自然と先生とのやり取りが多くなります。先生との信頼関係が築きやすくなり、親も子供も安心して通塾できることがメリットです。
ほかにも、先生との予定が合えばスケジュールの調整も可能であること、仮に先生との相性が合わなくても変更ができることも挙げられます。

個別塾のデメリットは?

個別塾のデメリットは、子供の競争心が生まれにくいことです。子供は、同年代の子供と比べたり、刺激を受けることで成長する面があります。個別塾では生徒が一人のためその環境がないので、競争心、負けん気といった気持ちが生まれにくくなります。また、カリキュラムの調整ができるため、しっかりとマネジメントできる先生でないと、いつまでも同じ分野をやっていたり、偏った内容になるなど進度に問題が出ることもあります。アルバイト講師が多い教室の場合、指導システムの未熟さや先生の力量により授業の質がよくなく、受験を失敗してしまうこともあります。
また、先生との信頼関係から授業が馴れ合いとなり、指導が甘くなることもあります。雑談が増える、宿題の提出が甘くなるなどの指導不足を教室や親が感知しにくいこともデメリットです。
先生と生徒一対一なので、集団塾よりも費用が高額になります。

小学生の塾には多くの選択肢がありますが、環境ごとに違いが見られます。そこで料金や評判など、どのような基準を優先して選びたいか考えることが大切です。