家からのアクセス

徒歩や自転車で通えるところ

子供が塾に通うのは平日だと学校の授業が終わってからになるでしょう。夏などだと明るいうちに授業が始まりますが終わるときには辺りはかなり暗くなっています。勉強のためと言え暗い時間に塾に通わせるのには不安があるかもしれません。もし塾を選ぶのであれば徒歩や自転車で通えるところを選びましょう。できれば学校の校区内にある所になるでしょうし、遠くても自転車で30分以内ぐらいで行けるところが良さそうです。徒歩や自転車での通塾時間そのものも大事ですが通塾経路もしっかりチェックしておきましょう。通塾の途中の道路が暗いところはあまり良くないですしトラックなどが多い大通りも良くありません。自分で実際に通ってみて安全と確認してから決めるようにしましょう。

送迎バスや交通手段があるところ

塾のタイプとして大手が運営する進学塾、そして個人が運営する学習指導塾があります。進学塾は難関校への進学を目指す塾で都市部の駅前などで運営されています。学習指導塾は学習のサポートをメインにしていて住宅街などで運営されているときもあります。進学塾に行かせようとすると自宅近くにないときもありどこにしようか迷うかもしれません。大手進学塾の中には送迎バスを運営しているところもあるので少し離れていても問い合わせてみると良いでしょう。送迎バスはせいぜい同じ市区町村内ぐらいしか対応していないのでそれより離れているところとなると通塾が難しくなります。鉄道やバスなどで通塾をするなら交通費や通塾時間が妥当かどうかを考えて決めなければいけません。